トップページ > サービス案内 > 郷土資料部門 > デジタル情報閲覧席

デジタル情報閲覧席

デジタル情報閲覧席はデジタル化した郷土資料を閲覧するための専用席です。
郷土資料の中には江戸時代など古い時代に作成された資料が数多くあります。その中には劣化が進み、普通は貴重書庫に収納されていて閲覧できないものもあります。県立図書館ではこれら資料をデジタル化し、映像として閲覧できるよう整備を進めています。特に絵図・古地図はデジタル化により、拡大して細部を詳しく見ることもできます。どうぞご利用ください。
今まで見ることの少なかった、郷土資料に接していただければ幸いです。

利用のご案内

閲覧について

「岡山県デジタル大百科」でインターネット公開されている「和装本」「絵図・古地図」「郷土雑誌」、インターネットで公開されていない「郷土映像」を随時閲覧することができます。詳細は係にご相談ください。

利用制限について

古い郷土資料には、例えば差別用語が含まれているものなど、人権上の観点から資料の閲覧や複写の制限・禁止を行っているものもあります。このため、場合によってはご希望の資料が閲覧できない場合や、複写できない場合がありますのでご了承ください。

複写(プリントアウト)について

実費で必要な箇所をプリントアウトできます。絵図・古地図に関しても鮮明な画質で印刷していただけます。

郷土資料

  • 和装本

江戸から明治前半にかけての和綴じの本を公開します。利用に際しては、解説や翻刻(くずし字の翻訳)もご活用ください。

  • 絵図・古地図リスト

絵図は江戸時代を中心に、直筆や錦絵などの版物を公開します。また、古地図では明治期の岡山県地図などを用意しています。インターネット上で公開しているものもあります。

  • 郷土映像リスト

昭和20年代から40年代前半にかけての映像記録を見ることができます。インターネット上では公開していません。

  • 郷土雑誌

カバヤ文庫など、岡山で刊行された雑誌を読むことができます。

  • デジタル岡山大百科

岡山県に関する様々な情報をデジタル化し、公開していくHPです。関係機関とのリンクもあります。