岡山県立図書館

トップページ 図書館ネットワーク 図書館職員の方へ 令和2年度 岡山県子どもの読書活動推進連絡会

令和2年度 岡山県子どもの読書活動推進連絡会 実施報告

テーマ

「地域協働ですすめる子どもの読書活動 ~ひと・まちを本でつなごう~」

日時

令和3年2月5日(金) 13時~15時45分

方式

Web会議システム「Zoom」を活用したオンライン

参加者

71名〈公共図20名、教育関係者33名(うち小学校12名、中学校8名、中等教育学校1名、高校8名、特別支援学校1名、教育委員会等3名)、ボランティア12名、講師・取組発表者6名〉

主催

岡山県教育委員会

概要

①講演『地域協働ですすめる子どもの読書活動 ~ひと・まちを本でつなごう~』

つづき図書館ファン倶楽部、つづきっこ読書応援団、走らせよう!つづきブックカフェ実行委員会
江幡 千代子 氏

【当日資料はこちら

 現在、横浜市の都筑区には図書館が一つある。人口約21万人のこの地域には若い層の住民が多く、図書館は横浜市の中央図書館よりも多くの人々に利用されている。人口に対して区内に図書館が一つしかないという状況は、住んでいる人たちが読書をする環境に乏しく、特に子どもに対してもっと本を読むことのできる環境にならないだろうかと江幡さんは思いを抱かれるようになった。2000年に横浜市立都筑図書館の5周年記念シンポジウムに参加し、このシンポジウムで出会った人たちと「つづき図書館ファン倶楽部」を作ることになった。ファン倶楽部は横浜市立図書館の在り方懇談会や子ども読書推進推計画策定会議などで市民の代表として政策提案したり、市長に図書館の充実について話したり、市民の読書環境の改善のために様々な行動をしてこられた。
 「つづき図書館ファン倶楽部」で江幡さんは、広報部門を担当しており、地域の人たちに本に関することや、図書館を取り巻く状況を知ってもらうことが必要と考え、広報誌の作成に力を注ぐとともに、記念講演の開催など様々な活動をされてきた。また、ファン倶楽部は2010年に連続講座「つづきっこの読書環境を良くする応援団になろう」を開催し、この講座の参加者の中から「つづきっこ読書応援団(TDO=つどおう)」が誕生した。このTDOは、学校部会、勉強部会、企画部会ごとにたくさんの人たちが活動していて、2018年には、文部科学大臣から、子どもの読書活動実践団体として表彰をされた。
 このような中で江幡さんは、大切なお孫さんを亡くされるが、お孫さんが闘病していたときに支えられたものの一つが絵本であったことから、絵本は心の支えとなるため、ぜひ子どもたちに読んでほしいという思いで、自宅に「ふわり文庫」を開設された。さらに多くの子どもに絵本を読んでもらいたいと考えるようになり、本を車に積んで、区内の様々な地域を回ったらどうだろうと考えるようになった。車は知り合いからキャンピングカーを借用し、運営資金は、クラウドファンディングを立ち上げ、賛同を得た結果、154人の方から140万円以上の寄付をいただくことができた。この資金を元に、テーブルや椅子、本棚などを製作し、ブックカフェを開く環境が整い、2019年に運行を始めることができた。
 つづきブックカフェは、お寺や保育園、駅前や公園など様々な場所に絵本を積んで出かけていく。居心地のいい空間を作ってひとりでも多くの方に心に残る絵本と出会ってほしい、そんな思いで活動されている。



②岡山県における子どもの読書活動推進について

岡山県教育庁生涯学習課

【当日資料はこちら

 第4次岡山県子ども読書活動推進計画(平成31年3月~)では、不読率の低減と、県内全市町村の子ども読書活動推進計画策定の2点を重点的目標と掲げ、取組を推進してきた。
 不読率の低減のためには、乳幼児期からの発達段階に応じた読書活動と、校種間の切れ目のない働きかけが求められている。また、子どもが多忙の中でも読書をするきっかけを作り出す必要がある。
 県教育委員会では、子ども同士で本を紹介し、本を読んで感じたことを共有する機会をつくり、子どもの読書への関心を高めることを目的に、県内中学生を対象にした「好きな本総選挙」を実施した。「好きな本総選挙」で応募された本とその紹介文を活用して「おもしろ読書事典(中学生版)」をリニューアルし、県内小・中・特別支援学校、公立・私立図書館及び読書ボランティア等へ配布予定である。子どもの読書活動推進のため、ぜひ御活用いただきたい。
 子ども読書活動推進計画策定については、計画を策定するメリットを考慮し、子どもの読書活動推進体制を整備するためにも、積極的に策定や計画の見直しを行っていただきたい。



③取組発表

備前市立西鶴山小学校

【当日資料はこちら

 昨年度の主な取組として、朝読書・図書館ペンギン(※児童が考えたマスコットキャラクター)の挑戦状などを実施している。図書委員会による取組としては、春の読書週間に読み聞かせやスタンプラリー、秋の読書週間に「としょかんくじ」や「しおりコンテスト」、また、外部講師によるお話の会を行っている。司書による取組としては、雨の日限定イベントや夏休み図書室工作教室、また、読書郵便を実施している。
 今年度は、にしつるっこ図書館チャレンジ2020として、読書ノート・ヨムヨムの木・めざせ読書マスター・読書リレーを実施している。
 先生との連携としては、学年ごとに授業で図書の時間を確保しており、司書による読み聞かせやブックトーク、児童による読んできた本の紹介などをしている。図書の時間以外でも授業における資料提供、図書館を利用しての授業を行っている。また、先生にも読み聞かせ、学級文庫購入の選書をお願いしている。



岡山市立吉備中学校

【当日資料はこちら

 授業における図書館利用として、吉備中学校区図書館の小中学校連携をするため、「吉備中学校区情報資源を活用する学びの指導体系表」を作成し、計画を実施している。1年生のオリエンテーションでは、NDCの仕組みや各分類の本の並び方などを説明する。また、調べもののコツとワザを身につけさせるため、スキル学習を行っており、調べ学習の基本を身につけることができている。調べ学習においては、学校司書が学習形態に応じて本を準備し、用意した資料や資料リストの説明をしている。
 読書習慣の定着を図る活動と読書環境を整える活動としては、朝読書・図書館だよりの発行・テーマ展示を行っている。また、図書委員会活動は、図書館と教室をつなぐ役割を果たし、図書委員が企画したイベントや活動などをきっかけに生徒が図書館や読書に関心を持ってほしいと願い、飾り班・キャンペーン班・企画班・アンケート班に分かれ、それぞれ分担して活動している。



岡山理科大学附属高等学校

【当日資料はこちら

 図書館活動の柱は、科コースで行われている「多様な学びをサポート」、子どもたちの自己肯定感の向上と学習活動の情報共有につながる「学習成果物の展示」、委員会活動を通じて行う「科コースを越えて交流」の3つである。
 授業支援の取組としては、「教育学科」における教室デザインで図書館の窓にマスキングテープでデザインを行ったり、「アニメ・デザインコース」における化学基礎演習で元素キャラクターの作製を行ったりした。図書館においては、それぞれ資料提供・場所提供・作品展示・缶バッジ作製で支援した。
 読書支援の取組としては、部活動をしている生徒が図書館に来ないのでアプローチするきっかけになればと「キャプテン・部長のおすすめ本」の企画展示に取り組んでいる。岡山市内の書店、公共図書館、他の高校と連携して、様々な広がりを見せている。
 展示の取組としては、岡山県立図書館におけるティーンズコーナーの展示に取り組んでいる。



瀬戸内市立図書館(瀬戸内市民図書館・牛窓図書館・長船図書館)

【当日資料はこちら

 瀬戸内市民図書館の開館に向け、市民同士で意見交換を行う「としょかん未来ミーティング」を重ねてきた。中学生の時に企画運営委員として、参加した少年が、今年度、地元に就職してくれた。子どもたちがまちづくりに参画するきっかけとなった。
 中高生向けサービスとしては、子どもと大人の間の世代の秘密基地のようなスペース「チャダルト・ガレージ」を設置して、情報発信・交換などを行っている。また、夏休み明けに不安を抱える子どもたちにおすすめの本を展示している。
 イベントを通じて、学びへの興味関心が深まるようイベントの際には、関連書籍を展示している。図書館の開館記念月である6月に「もみわ祭」を開催して、図書館の誕生を祝うとともに、市民の交流の場を創生している。
 乳幼児向けサービスは、移動図書館・ブックスタート・絵本パックの貸出などを行っている。
 学校図書館支援としては、市内小中学校と図書館のシステムは繋がっており、予約が入ると学校へ本を搬送できる。



絵本の会 ゆめ

【当日資料はこちら

 2003年4月に矢掛図書館の朗読ボランティア講座受講生の中から有志5人で発足した。主な活動は、絵本の読み聞かせであり、年間60回を超える。また、月1回、定例の打ち合わせ勉強会を設け、お互いが選んだ絵本の紹介や読み合わせをしたり、プログラムを組んだりしている。
 矢掛図書館では、未就園児から小学生くらいを対象として「おはなしらんど」を月1回、行っている。また、町内の小学校では、学校の要望に応じて、朝読の時間に季節や行事に合わせた絵本を読んでいる。
 町内の4幼稚園(令和2年4月から幼稚園4園と保育園1園が一体化した認定こども園となっている)では、各園で月1回のおはなし会を行っている。手作りの小道具を用いて、エプロンシアター、パネルシアター、手遊び等を交えて工夫している。少人数なので園児も参加してくれて、一緒に楽しんでいる。
 今後も、子どもたちに絵本や図書館に親しんでもらえるように続けていきたい。



(お問い合わせ) 
岡山県立図書館 図書館振興課 図書館支援班
TEL 086-224-1286 
FAX 086-224-1208 

マイライブラリー 予約・貸出状況照会マイライブラリー 予約・貸出状況照会

開館カレンダー

<閲覧室の開館時間>

平日 9:00-19:00
土・日・祝 10:00-18:00
休館日 休館日

※祝日の場合は翌日が休館