岡山県立図書館第2次中期サービス目標達成度評価シート

 岡山県立図書館では、中期サービス目標「県民図書館振興プラン」を策定し、県内どの地域でも、年齢を問わず全ての方々に等しく利用してもらえる開かれた県民図書館となるべく努力してまいりました。
   
 平成23年4月、「県民図書館振興プラン」の成果と課題を踏まえ、新たに第2次中期サービス目標「県民図書館さんさんサービスプラン」を策定しました。これは平成23年度から27年度までの5か年を実施機関として、5つの基本的な性格と2つの重点プログラムの本にサービス目標と指標を定めたものです。

 この度、平成25年度の目標の達成状況と評価を取りまとめましたので、公表いたします。このことについて、皆様の御意見・御感想をお寄せください。   →御意見はコチラ から
 皆様から寄せられた声を参考に、さらなる改善と向上を目指してまいります。
 
(1)サービス指標の状況および(2)重点的取り組みの成果等(全文)はこちらをごらんください。(PDFファイル)

平成27年度中期サービス目標達成度評価シート


<評価のまとめ>

◆総合評価

第2次中期サービス目標 初年度達成度評価 達成レベル
 様々な取組により入館者数、個人貸出冊数ともに高い水準を保ち、利用者アンケートによる満足度の平均が93%を超えるなど、県民に親しまれる図書館として一定の成果をあげることができたが、県立図書館固有の全県サービスについては、今後一層の拡充が求められる。
 本計画の最終年度となる27年度は、引き続き資料の充実を図るとともに、各種の取り組みを継続し、全域サービスを一層向上させるよう務め、すべての指標の目標が達成できるよう職員一丸となった取り組みが必要である。
5 :目標水準を大きく上回った。
4 :目標水準を上回った。
B :概ね目標水準
2 :目標水準を下回った。
1 :目標水準を大きく下回った。

 

◆T 県立図書館の基本的性格と取組

 (1)県民に開かれた図書館

評     価 達成レベル
 入館者数、個人貸出冊数は、ともに100万を超え、安定した利用があった。また、アンケートでは、前年度を上回る高い利用者満足度を得ることができた。
 今後も非来館型サービスの周知や、利便性の拡大、県民のニーズを踏まえた取組を積極的に行い、さらに信頼され愛される図書館となるよう努める。
5 :目標水準を大きく上回った。
C :目標水準を上回った。
3 :概ね目標水準
2 :目標水準を下回った。
1 :目標水準を大きく下回った。
 

 (2) 県域の中枢としての図書館

評     価 達成レベル
 協力貸出冊数及び協力レファレンス件数は、ともに目標値を下回った。一層の広報に努めるとともに資料の充実を図る必要がある。
 横断検索件数は増加したが、これが全県域での利用拡大につながるよう、一層の資料充実と利便性拡大について検討する必要がある。
 今後も県域の中枢図書館として全県域の図書館ネットワークの充実に努める。
5 :目標水準を大きく上回った。
4 :目標水準を上回った。
3 :概ね目標水準
A :目標水準を下回った。
1 :目標水準を大きく下回った。
 

 (3) 調査・研究センターとしての図書館

評     価 達成レベル
主題別6部門制の専任職員による質の高い調査・研究支援により、利用者からの評価も年々高くなり、信頼される図書館となっている。
 今後も各部門の特性を生かした課題解決支援の充実や、連携イベント、企画展示による利用の拡大を図り、調査・研究センターとしての機能を充実させる。
5 :目標水準を大きく上回った。
4 :目標水準を上回った。
3 :概ね目標水準
A :目標水準を下回った。
1 :目標水準を大きく下回った。
 

 (4) メディアセンターとしての図書館

評     価 達成レベル
 大学図書館や県立記録資料館等との連携、主催講座や県民参加システムを生かした郷土情報の収集に加え、既存作品への字幕の追加、多言語化など、デジタル岡山大百科のコンテンツの充実とバリアフリー化を進めることができた。
 一方で、有料データベースは利用不十分であり、ボランティアとの協働による活用支援や効果的な利用促進に向けた一層の取組が必要である。
 今後ともデジタル岡山大百科のコンテンツの充実と、デジタル情報の利用拡大に努める。
5 :目標水準を大きく上回った。
4 :目標水準を上回った。
3 :概ね目標水準
A :目標水準を下回った。
1 :目標水準を大きく下回った。
 

 (5) 資料保存センターとしての図書館

評     価 達成レベル
 新刊図書収集率は、消費税率のアップや高額資料を多数購入したこと等が影響し、66.2%となった。目標の70%には届かなかったものの、市町村立図書館等で購入が難しい高額の専門書や学術書を優先して購入しており、調査・研究センターとして県立図書館の役割を果たしている。
 寄贈図書や移管資料についても、県民や市町村図書館から多数の資料を受け入れることができた。
 今後も資料保存センターとしての役割を果たすため、新たな整備方針に基づきながら、継続して県立図書館としての資料収集と保存に努める。
5 :目標水準を大きく上回った。
4 :目標水準を上回った。
B :概ね目標水準
2 :目標水準を下回った。
1 :目標水準を大きく下回った。
 

◆U 重点プログラム

 (1)子ども読書プログラム

評     価 達成レベル
 新刊児童図書の全点収集を継続するとともに、研究書の充実で子どもの読書に関する調査研究を支援できた。
 4年目となった学校図書館支援用図書は、ニーズの調査に努めながら一層の拡大を図る。
 今後も子どもへのサービスの充実・向上に努めるとともに、児童図書の調査研究を支援し、子ども読書活動の推進に努める。
5 :目標水準を大きく上回った。
4 :目標水準を上回った。
B :概ね目標水準
2 :目標水準を下回った。
1 :目標水準を大きく下回った。
 

 (2) 図書館振興プログラム

評     価 達成レベル
 全県的な巡回相談や情報提供、資料提供により市町村立図書館等の運営向上を支援した。
 図書館職員等研修講座や講師派遣制度により、各館職員の資質向上を図ったが、さらに効果が上がるよう内容の充実に努める。
 また、館内職員研修や研究グループの運営により、県立図書館職員の資質向上を図ったが、今後ともより効果的な研修体制の整備に努める。
5 :目標水準を大きく上回った。
C :目標水準を上回った。
3 :概ね目標水準
2 :目標水準を下回った。
1 :目標水準を大きく下回った。