岡山県立図書館第2次中期サービス目標達成度評価シート

 岡山県立図書館では、中期サービス目標「県民図書館振興プラン」を策定し、県内どの地域でも、年齢を問わず全ての方々に等しく利用してもらえる開かれた県民図書館となるべく努力してまいりました。
   
 平成23年4月、「県民図書館振興プラン」の成果と課題を踏まえ、新たに第2次中期サービス目標「県民図書館さんさんサービスプラン」を策定しました。これは平成23年度から27年度までの5か年を実施機関として、5つの基本的な性格と2つの重点プログラムの本にサービス目標と指標を定めたものです。

 この度、平成23年度の目標の達成状況と評価を取りまとめましたので、公表いたします。このことについて、皆様の御意見・御感想をお寄せください。   →御意見はコチラ から
 皆様から寄せられた声を参考に、さらなる改善と向上を目指してまいります。
 
(1)サービス指標の状況および(2)重点的取り組みの成果等(全文)はこちらをごらんください。(PDFファイル)

平成24年度中期サービス目標達成度評価シート


<評価のまとめ>

◆総合評価

第2次中期サービス目標 初年度達成度評価 達成レベル
  様々な取組により年間入館者数は過去最多となり、年間入館者数、個人貸出 冊数共に8年連続全国一位、購入冊数も3年連続1位となるなど、目標を概ね達成した。
  引き続き県内図書館職員等への研修の充実、当館資料の充実などを図り、県立図書館のサービスを一層向上させるとともに、平成25年3月に策定された、第3次岡山県子ども読書活動推進計画に沿った取組を行う。
  なお、プラン中間年を迎えるにあたり、すでに最終年度の目標値を大幅に上回る指標については目標値の見直しを検討する。
5 :目標水準を大きく上回った。
4 :目標水準を上回った。
B :概ね目標水準
2 :目標水準を下回った。
1 :目標水準を大きく下回った。

 

◆T 県立図書館の基本的性格と取組

 (1)県民に開かれた図書館

評     価 達成レベル
  昨年度を上回る企画展・イベントなどの開催や、個人貸出冊数1千万冊突破、予約本ベスト10などの話題を積極的に提供することで、高い利用者満足度を得、入館者も過去最多となった。
  今後も、利用者ニーズを踏まえた取組を積極的に行い、県民が親しみしやすい図書館となるようサービスの充実・向上に努める。
5 :目標水準を大きく上回った。
C :目標水準を上回った。
3 :概ね目標水準
2 :目標水準を下回った。
1 :目標水準を大きく下回った。
 

 (2) 県域の中枢としての図書館

評     価 達成レベル
  県内公共図書館等への協力貸出や協力レファレンス、横断検索の件数が増加するなど、県内の中核的図書館としての機能の充実が進んだ。
  他館受渡による利用も増加しており、全県域サービスが拡大した。
  今後も未設置自治体への設置を働き掛けるとともに、大学図書館等に横断検索と相互貸借への参加を呼びかけるなど県内の図書館ネットワークの一層の充実に努める。
5 :目標水準を大きく上回った。
4 :目標水準を上回った。
B :概ね目標水準
2 :目標水準を下回った。
1 :目標水準を大きく下回った。
 

 (3) 調査・研究センターとしての図書館

評     価 達成レベル
  6部門制の専任職員による質の高い調査・研究支援により、利用者からの調査依頼も年々増加している。また、利用者アンケートにおいて95%の利用者が目的が達成できたと回答するなど、利用者ニーズに的確な対応に努めている。
  郷土資料展示コーナーのリニューアルや、交通文化資料コーナー関連事業の充実により、一層の活用促進を図った。
  今後も各部門の特性を生かしたイベントや企画展示を行うとともに、ブックリストの作成提供やレファレンスの拡充を図り、調査・研究センターとしての役割を果たす。
5 :目標水準を大きく上回った。
C :目標水準を上回った。
3 :概ね目標水準
2 :目標水準を下回った。
1 :目標水準を大きく下回った。
 

 (4) メディアセンターとしての図書館

評     価 達成レベル
  大学図書館や資料館等との連携による郷土情報や、県民参加システムを生かした県民の研究成果などの収集により、デジタル岡山大百科のコンテンツの充実を図ることができた。
  一方、有料データベースの利用者が低迷し、ボランティアとの協働による利用促進に向けた取りみの充実が必要である。
  今後ともデジタル岡山大百科のコンテンツの充実と、メディア工房の利用促進に努める。
5 :目標水準を大きく上回った。
4 :目標水準を上回った。
3 :概ね目標水準
A :目標水準を下回った。
1 :目標水準を大きく下回った。
 

 (5) 資料保存センターとしての図書館

評     価 達成レベル
  漢籍の整理を完了し公開した。
  多数の寄贈や移管資料を受け入れたが、郷土資料の収集の一層強化を図る必要がある。
  今後も資料保存センターとしての役割を果たすため、継続して資料収集と保存に努める。
5 :目標水準を大きく上回った。
4 :目標水準を上回った。
B :概ね目標水準
2 :目標水準を下回った。
1 :目標水準を大きく下回った。
 

◆U 重点プログラム

 (1)子ども読書プログラム

評     価 達成レベル
  新刊児童図書の全点収集を継続するとともに、学校図書館への支援を強化することで利用拡大に向けた取組を進めることができた。
  また、児童書の巡回展示や図書館職員等研修講座、ボランティア等によるお話会や英語による読み聞かせ、アメリカンシェルフ事業を利用した外国語の児童向け図書の充実など、子どもの読書活動を広く推進した。
  今後も学校図書館への支援体制の強化に努め、子どもの読書活動推進に努める。
5 :目標水準を大きく上回った。
4 :目標水準を上回った。
B :概ね目標水準
2 :目標水準を下回った。
1 :目標水準を大きく下回った。
 

 (2) 図書館振興プログラム

評     価 達成レベル
  図書館職員等研修講座や全県的な巡回相談により各館の運営向上を支援した。講師派遣制度により各図書館職員の資質向上を図った。
  今後も、県立図書館職員の資質向上を図るとともに、研修プログラムのメニュー化や情報提供により、市町村図書館の振興に努める。
5 :目標水準を大きく上回った。
4 :目標水準を上回った。
B :概ね目標水準
2 :目標水準を下回った。
1 :目標水準を大きく下回った。