岡山県立図書館支援用図書収集基準

(目的)
第1条 この基準は、岡山県立図書館(以下「県立図書館」という。)の岡山県立図書館資料収集方針に基づき、支援用図書の収集に関する必要な事項を定める。

(収集基準)
第2条 収集の基準は、次のとおりとする。
1 一般図書
 (1)読みやすく、親しみやすいものを収集する。     
 (2)内容は充実して、高い評価を得ているものを収集する。
 (3)各種の書評等に取り上げられ、話題性のあるものを収集する。  
 (4)実生活上の課題の解決に参考となるものを収集する。  
 (5)内外の文学作品は、下記のものを中心に収集する。  
    著名な作家の作品、各種文学賞の受賞作品、郷土作家の作品    
2 児童図書
 (1)各種受賞図書、課題図書、各種団体の選定・推薦図書を中心に優れたものを収集する。
 (2)古典的評価を得ているものを収集する。
 (3)各種の書評等に取り上げられ、話題性のあるものを収集する。
 (4)児童用の学習漫画は、内容が優れ造本の堅牢なものを収集する。
3 学校図書館支援用図書
 (1)学校教育の展開に寄与し、学習活動に役立つものを収集する。

(留意事項)
第3条 収集にあたっては、次の事項に留意する。  
 (1)原則として新刊書を収集する。
 (2)利用状況を考慮しつつ収集する。その際、必要に応じて複本を備える。
 (3)次の図書は原則として収集しない。
   ア 全集・講座類で、多巻にわたるもの
   イ 学習参考書・各種受験問題集
   ウ 参考図書
   エ 高度な専門書・技術書

 
附 則
(施行期日)
1 この基準は、平成16年4月1日から施行する。

附 則
(施行期日)
1 この収集基準は、平成21年4月1日から施行する。