統計情報をしらべる  2008年1月現在
人口・世帯の統計 家計消費の統計 就業賃金の統計 生活に関する統計
福祉に関する統計 教育に関する統計 他の統計

◆ 人口・世帯に関する統計ならコレ!
○国勢調査報告
 平成17年 総務省統計局編 358.1/ソウ01
内容:大正9年以降,5年ごとに10月1日現在の総人口・世帯を調査したもの。西暦の末尾が0の年に大規模調査が,5がつく年に簡易調査が実施される。
「ある都市の昼間人口は?」「自営業者の数は?」「子どもの数,子どもの年齢別の世帯数は?」「核家族世帯はどれくらい?」「通勤・通学の交通手段は?」など,マーケティングには必須のデータが豊富にある。
所蔵:大正9年調査から(但し,昭和10年以前は府県篇のみ所蔵)
       平成12年・17年版はCD−ROMもあり                  
○人口動態統計(年報) 厚生労働省大臣官房統計情報部編 L358.1/101
内容:出生・死亡・婚姻・離婚・死産の5種類の人口動態事象を調査したもの。上巻に概要及び結果の解析,中巻に出生・死亡・死産・婚姻及び離婚の統計,下巻に主として死因に関する統計を収録している。
「明治以後の出生率の推移は?」「一人の女性が生涯に産む子どもの数が一番多い県はどこ?」「双子の数は?」「月別の婚姻数は?」「死因別の死亡者数は?」などを調べることができる。
所蔵:昭和18年,19年,20年,60年,62年,63年,平成7年,12年〜15年
    『人口動態統計100年のあゆみ』もあり
○簡易生命表(年刊) 厚生労働省大臣官房統計情報部編 358.1/91
内容:各年齢の者が1年以内に死亡する確率や平均余命などの指標にしたもの。平均余命の推移,国際比較等の付録資料も掲載されている。
所蔵:昭和59年から
○日本の将来推計人口 平成18年12月推計 厚生統計協会 L334.2/コク98
平成18年から67年までの50年間の人口を予測。参考推計として平成117年までの推計もある。
○市町村の将来人口 2000年〜2030年 統計情報研究開発センター編著 L358.1/トウ02
○住民基本台帳人口移動報告年報 総務省統計局編 358.1/19
○世界人口年鑑 国際連合経済社会総局編 358/1
 最新版は『国際連合世界人口年鑑』 L358.1/1
○国際連合世界人口予測 1950−2050 2004年改訂版 国際連合経済社会情報・政策分析局人口部編 L358/コク05

◆ 家計・消費に関する統計ならコレ!
○家計調査年報 総務省統計局編 L365.4/ソウ05 
内容:全国から約170市区町村を抽出し,約8,000世帯の家計収支調査を行う。都市別,地域別,収入階級別などの,月毎,年毎の実態を明らかにするもの。
「勤労者の収入額は?」「品目別の購入金額,数量は?」「生命保険,損害保険の支払額は?」「エンゲル係数の推移は?」などを調べることができる。
所蔵:昭和29年,31年,33年からは毎年の調査がある。
○全国消費実態調査報告 平成16年 総務省統計局編 330.5/ソウ01
内容:5年ごとに実施される。家計の収入・支出,住宅と土地の所有状況,主要耐久消費財の所有数量,貯蓄・負債の残高などを調査。県別の地域的差異を明らかにするもの。サンプル数全国約5万9800世帯。
「品目別の購入店舗は?」「県別のパソコンの普及率は?」「曜日別の支出額は?」などを調べることができる。
所蔵:昭和34年調査から
○消費者物価指数年報 総務省統計局編 337.85/10
○小売物価統計調査年報 (年刊) 総務省統計局編 337.85/6
○全国物価統計調査報告 平成14年 総務省統計局編 337.85/ソウ04
  5年ごとに調査。
○家計消費の動向−消費動向調査年報− 内閣府経済社会総合研究所景気統計部編 L365.4/ケイ02

[雑誌]
○消費者物価指数月報 (月刊)総務省統計局編 
○小売物価統計調査報告 (月刊)総務省統計局編

◆ 就業・賃金に関する統計ならコレ!
○就業構造基本調査報告 平成14年 総務省統計局編 366.2/3
内容:5年ごとに実施される。全国及び地域別の就業構造,就業異動の状態,転職の希望有無,理由別の退職者数など就業に関する基本的な事項が調査されている。調査対象は約44万世帯,15歳以上の世帯員約105万人。
「所得階級別の就業者数は?」「職業別・産業別の就業者数は?」「派遣社員,パート,アルバイトの数は?」「転職希望者の数の推移は?」などを調べることができる。
※昭和31年〜57年までは3年ごとに調査。
所蔵:昭和31年(第1回)調査から 
○賃金センサス(賃金構造基本統計調査)(年刊) 厚生労働省統計情報部編 L366.4/コウ04
内容:主要産業の常用労働者の賃金について,労働者の種類,職種,性,年齢,学歴,勤続年数,経験年数等別に明らかにしたもの。5人以上の民営事業所,及び10人以上の国営,公営企業から抽出した約7万事業所と約150万人を調査。農林水産業は調査対象ではない。
「学歴別の賃金はいくらか?」「職種別の賃金は?」「性別,学歴別の初任給額の推移は?」「職種別のボーナス額を知りたい」などを調べることができる。
所蔵:平成16年版から

○労働力調査年報 総務省統計局編 L366.05/ソウ05
毎月の就業時間・産業・職業等の就業状況,失業・求職の状況などの実態を把握したもの。約4万世帯,15歳以上の世帯員約10万人が調査対象。所蔵:昭和51年調査から
○労働統計年報 第58回(平成17年) 厚生労働大臣官房統計情報部編 L366.05/ロウ89
労働経済指標,労働力調査,毎月勤労統計調査,雇用動向調査など,主要な労働統計を収録。
○国際労働経済統計年鑑 国際労働事務局原版編集 366.059/9
○賃金・雇用統計データ集 2005年版 日本能率協会総合研究所編 L366.21/ニホ05

◆ 生活に関する統計ならコレ!
○社会生活基本調査報告 平成13年 総務省統計局編 365.5/ソウ03
内容:5年ごとに実施される。1日の過ごし方や,1年間の余暇時間の過ごし方を調査したもの。
「テレビの視聴時間は?」「インターネットの利用時間と利用形態は?」「テレビ・ラジオで外国語を学習している人の数は?」「ボランティア活動をしている人の数は?」などを調べることができる。
所蔵:昭和51年(第1回)調査から
○住宅・土地統計調査報告 平成15年 総務省統計局編 365.3/ソウ05
内容:5年ごとに実施される。世帯の構成,建物の用途,部屋数と広さ,間取り,建築時期など住宅に関して総合的に調査したもの。
「総住宅数は?」「別荘の数は?」「持ち家率の高い県は?」「地下室のある家の数は?」などを調べることができる。
所蔵:昭和28年調査から
○社会生活統計指標 (年刊) 総務省統計局編 365.5/7
生活全般の実態を都道府県別,市区町村別に調査し,指標としてまとめたもの。
○統計でみる都道府県のすがた (年刊) 総務省統計局編 365.5/7−1
『社会生活統計指標』の中から主要な指標値を選び,都道府県別に再編集したもの。『統計でみる市区町村のすがた』もある。
○需要動向調査報告書 中小企業総合事業団調査編 332.1/319
食生活,余暇生活,衣生活,住生活,高齢社会産業,環境産業などのテーマでライフスタイルを調査したもの。

◆ 福祉・医療に関する統計ならコレ!
○社会福祉施設等調査報告 厚生労働省大臣官房統計情報部編 369.05/4
○社会福祉行政業務報告 厚生労働省大臣官房統計情報部編 L369.11/コウ02
○社会福祉・ボランティア統計データ集 日本能率協会総合研究所編 L369.059/ニホ05
○患者調査 厚生労働省大臣官房統計情報部編 L490.59/コウ97
3年ごとに実施される。医療施設を利用する患者を対象にしたサンプル調査。傷病別の推計患者数,年齢別・都道府県別の状況等がわかる。
○地域保健医療基礎統計 厚生労働省大臣官房統計情報部編 L498.059/コウ05
○保健・衛生行政業務報告 厚生労働省大臣官房統計情報部編 L498・1/コウ05
○医療施設調査病院報告 厚生労働省大臣官房統計情報部編 L498.16/コウ97

◆ 教育に関する統計ならコレ!
○学校基本調査報告書 (年刊) 文部科学省 370.59/3
学校数,在学者数,卒業者数,教員数,学校施設,学校経費等を都道府県別に調査したもの。所蔵:昭和36年,44年,46年,48年からは毎年所蔵している。(※昭和60,61年は未所蔵)
○社会教育調査報告書 平成17年度 文部科学省 L379/モン04
3年ごとに実施される。社会教育行政,公民館,図書館,博物館等の実態を調査したもの。
  所蔵:昭和30年,35年,62年以後は毎回所蔵している。
○学校保健統計調査報告書 (年刊) 文部科学省 L374.9/20
小・中・高等学校,幼稚園のうち約9,000校を対象に生徒を抽出調査したもの。
所蔵:昭和62年〜平成元年,平成7年以後は毎年所蔵している。
○子どもの学習費調査報告書 平成16年度 文部科学省 L373.4/モン02
  学校教育及び学校外活動のために支出した経費について調査したのも。平成12年度,14年度調査も所蔵。

◆ ほかにもありますこんな統計
○事業所・企業統計調査報告  総務省統計局編 605.9/ソウ03 
『事業所統計調査報告』から所蔵している。平成13年からCD-ROM。
○中国地方経済統計年報 財務省中国財務局総務部経済調査課編 L330.5/サイ05 
○民力 朝日新聞社編 351/5
○データでみる県勢 矢野恒太記念会編 351/ヤノ91
総務省統計局ホームページ
 統計局が実施している統計調査・加工統計などのデータあり。Excel集をダウンロードもできる。
 「政府統計の総合窓口(e−Stat)」へのリンクもあり。
岡山県統計調査課ホームページ
県で扱っている統計データや,岡山のすがた,おもしろ統計アラカルトなど各種のデータあり。岡山県の主要な統計書は2階郷土資料部門にあります。