岡山県立図書館
トップページ > サービス案内 > 人文科学資料部門 > ティーンズへのサービス > ティーンズコーナー展示
岡山県立図書館 ティーンズコーナー
「ハンセン病の歴史と今」
◆◆2019年2月24日~2019年3月14日(製作:県立邑久高等学校)◆◆

 岡山県瀬戸内市には全国で唯一、2つの国立ハンセン病療養所(長島愛生園・邑久光明園)が所在しており、長島の国立ハンセン病療養所長島愛生園(邑久町虫明)にはかつて新良田(にいらだ)教室という邑久高校の分校が存在していました(昭和62年閉校)。 昨年の秋にはその新良田教室を題材にした映画「新良田レクイエム」の制作も発表されており、2020年の公開に向けて邑久高校の生徒や教職員も撮影に参加する予定です。
 このように、今なお邑久高校と療養所の結びつきは強いものがあり、私たちはハンセン病問題への理解促進の一翼を担いたいと考えています。 今回は数多く出版されている関連書籍の一部を紹介します。より多くの方に本を手に取っていただき、ハンセン病の歴史と今を知っていただければ幸いです。


製作者の紹介

項目展示のようす
展示画像



項目 製作者の紹介 (県立邑久高等学校

 岡山県立邑久高校は瀬戸内市唯一の高校で、多様な科目群の中から選択できる単位制の学校です。 大正10年に創立した岡山県邑久実科高等女学校と大正11年に創立した岡山県牛窓実科高等女学校が昭和24年の高校再編により、岡山県立邑久高等学校となりました。 2020年には創立100周年を迎えます。
 私たち生徒は、「健康明朗」「質実勤労」「自律協同」「敬愛親和」を教育目標に掲げ、これらの達成のために日々努力しています。