蔵書検索
 
トップページ >  お知らせ (2017.3.22)

レファレンス協同データべースに関する御礼状をいただきました。

 この度、岡山県立図書館では、「レファレンス協同データベース(http://crd.ndl.go.jp/reference/)」事業において大きく寄与したとこのことで、国立国会図書館から御礼状をいただきました。

 「レファレンス協同データベース」とは、国立国会図書館が構築し全国の公共図書館等と協同で、各図書館に寄せられたレファレンス(調査相談、調べもの)に関する情報を蓄積して公開しているものです。当館は、平成17年4月の当事業開始時から参加し、これまでに2,650件の事例を一般公開データとして登録しており、9年連続で御礼状をいただいています。(この事業には全国の公共図書館、大学・専門学校の図書館733館が参加、96,028件のレファレンス事例が一般公開されています。当館の事例はその2.8%を占めています。)≪平成29年1月現在≫
 また、当館は昨年の図書館総合展において実施された「地方創生レファレンス大賞」でも最高賞の文部科学大臣賞をいただいており、件数だけでなく、内容面においても評価をいただいたところです。これらのレファレンス事例については、県内の各図書館が参加して構築している「デジタル岡山大百科(http://digioka.libnet.pref.okayama.jp)」のレファレンスデータベースにも多数登録しています。


(お問い合わせ先)
岡山県立図書館 総務・メディア課 企画・メディア班
TEL 086-224-1286  FAX 086-224-1208