hitomi.GIF (102603 バイト)母校でコーチ中の人見絹枝 (山陽新聞社)
※画像等の無断複製・転載・改変・
放送等は禁じられています。

人見 絹枝ひとみ きぬえ

(1907〜1931)

 大正時代の女子陸上競技界の先駆者。
 御津郡福浜村(現岡山市福成)生まれ。
 県立岡山高等女学校在学中、走り幅跳びで女子日本最高記録を出した。
 大阪毎日新聞社運動部記者として活躍する一方、スウェーデンで行われた世界女子オリンピックでは、走り幅跳びで世界新で優勝した。
 4年後チェコで行われた同大会でも、走り幅跳びで2連勝している。
 アムステルダムで行われたオリンピックでは、日本の女子選手として初めて出場し、800メートルで銀メダルに輝いた。
 岡山県総合グラウンドの一角に銅像が建てられている。
真金倶楽部に関連記事があります。


 【参考資料(岡山県立図書館所蔵)】
「スパイクの跡」(平凡社、昭4)
「炎のスプリンター」(織田幹雄・戸田純編著、山陽新聞社、昭58)
「燃え尽きたランナー 人見絹枝の生涯」(小原敏彦、大和書房、昭55)
「操山高校七十年史」(同校編・刊、昭44)
「人見絹枝の生涯−超人的記録とともに」(真田芳夫、高梁川39号、昭57)
「わが人見絹枝伝抄」(戸田純著、詩の家、昭52)

「おかやま人物往来」へ戻る   人物往来リンク集へ