岡山県立図書館トップページに戻る
トップページ > 図書館ネットワーク > 図書館職員の方へ > 平成21年度 図書館職員研修講座 児童サービス研修

平成21年度 図書館職員研修講座 児童サービス研修

日時・場所・参加人数

日時・場所

  平成21年9月18日(金) 10:00〜15:30
  岡山県立図書館2階 多目的ホールおよびサークル活動室

参加人数

  55名

概要

  
10:00〜12:00  講演
講演 写真1 大阪府立国際児童文学館 川内五十子氏をお迎えし、「『新しい絵本を知る・楽しむ・考える』-2000年代に出版された子どもの絵本から-」と題して2000年以降に日本国内で出版された絵本を中心に当館児童図書研究室の資料を利用して行われました。
まず、2000年代の絵本の出版点数の推移や出版業界の動向を踏まえて近年の絵本の傾向についてご説明いただきました。続いて「家族」や「こどもの生活や遊び」「個性・生き方」等といった内容で絵本を分類し、その中でも特に薦めたい資料についてOHPを利用し、実際に絵本の絵を見ながら解説していただきました。
紹介された資料については、こちらをご参照下さい。
絵本を評価するポイントも踏まえながら解説していただきました。 講演 写真2


12:00〜12:30   2008年話題になった児童書
2008年に出版された資料の主なものについて「絵本」・「読みもの」・「科学よみもの・調べ学習」にグループ分けし、当館職員が説明しました。


               
13:00〜15:30   分科会
前年に出版された資料について3つの分科会に分かれて研究協議を行いました。
第一分科会
(絵本)
19名
分科会 写真1 対象年齢ごとに分けたものの中から指定された数点を事前に読み、その絵本の読みやすさや内容等について各グループにわかれて協議しました。協議した内容についてはさらにグループ相互に紹介しました。
第二分科会
(読みもの)
5名
分科会 写真2 指定された資料を事前に読み、プロット(筋書き)の正確さやその物語の価値や有用性等について協議しました。
第三分科会
(科学よみもの・調べ学習)
24名
分科会 写真3 グループごとに指定された資料に事前に目を通し、内容の正確さ、本の構成、また館種ごとの有用性等についてそれぞれ協議しました。協議した内容についてはさらにグループ相互に紹介しました。

協議した内容は、こちらをご覧下さい。