岡山県立図書館トップページに戻る
トップページ > 図書館ネットワーク > 図書館職員の方へ > 平成23年度 図書館職員等研修講座(第6回)

平成23年度 図書館職員等研修講座(第6回)

日時


場所
平成24年 1月25日(水) 13:30〜16:30

岡山県立図書館 多目的ホール メディア工房 等
テーマ 「電子書籍と図書館」

電子書籍に関する昨今の情勢と基本的な知識を確認するとともに、図書館での活用の現状について学びます。また、コンピュータ活用能力を高めるためExcelのミニ講座をオプションで実施します。
※主に公共図書館向けの内容です。
研修
内容

13:30〜14:15
「デジタル情報の活用 ―デジタル岡山大百科と新しくなった国立国会図書館サーチの機能紹介―」

デジタル情報、デジタルアーカイブの活用について、県立図書館の「デジタル岡山大百科」を例に基本的な内容をお話します。また、平成24年1月に新しくなる「国立国会図書館サーチ」についての概要をおさらいします。


14:30〜16:00
「電子書籍と図書館」

はじめに電子書籍とは何かといった基本的なことから電子書籍を取り巻く現状、そしてそのメリットやデメリットを概観します。続いて図書館において電子書籍を導入するにあたりどういうメリットやデメリットがあるのか、どういうことに気をつける必要があるのか、先行導入館の事例等も紹介しながらお話しします。

16:00〜16:30
質疑・情報交換

※ミニ講座(オプション)は申込者のみの参加です。@とA両方の受講はできません。

11:00〜12:20
【ミニ講座@】図書館職員のためのExcel活用講座

業務にExcelを使いたいがどういうことができるのかわからない、Excelを使って作業を効率化したい、という方のために、覚えておくと便利なワザや代表的な関数の使い方などを紹介します。【定員10名】


10:20〜12:20
【ミニ講座A】Excel VBA入門

例えば業務システムから出力したCSVファイルから書式を整えて表を作成するような定型的な作業はVBAで自動化できます。本講座では、エクセルVBAについて一から解説するので、プログラムについての知識は不要です。実際にプログラミングをしながら学びます。【定員5名】
講師 各講座の講師は県立図書館職員(ICT活用・電子書籍研究グループ)が担当します。

この研究グループでは、図書館業務におけるICT(Information and Communication Technology=情報通信技術)の活用と図書館サービスに対する影響が今後見込まれる電子書籍の動向などをテーマに研究を行っています。「研究グループ」とは、平成23年度より実施を開始した職員研修等への講師派遣制度に対応し、また研究成果を県立図書館及び県内図書館サービスの向上に資するため、県立図書館の職員が8つの研究グループに分かれて、調査、情報収集、資料の作成等の活動を行っているものです。
対象 公共図書館職員、公民館図書室職員、大学図書館職員、学校図書館担当職員(学校司書・司書教諭等)等
参加料 無料
申込方法 インターネット 申込フォーム
(岡山申請・届出総合ナビ)
FAX 参加申込書に記入し、086−224−1208へ送信
締め切り 1月20日(金) 必着
※ただしミニ講座は先着順で定員に達し次第しめきります。
備考 ・定員を超えた場合等、参加できない場合は通知します。参加可能の場合は通知しません。
                        

開催要項





受講者向け補足資料
(2012/1/27追加)

ミニ講座1 
Excel 活用講座

使用したサンプルデータ(zip圧縮)

補足資料



(申込・お問い合わせ)
岡山県立図書館 図書館振興課 図書館協力班
 〒700-0823 岡山市北区丸の内2−6−30
 TEL 086-224-1286  FAX 086-224-1208