トップページ > 資料展示 > 郷土資料部門

展示「古地図でたどる城下町おかやま」

 岡山県立図書館では、明治期より戦後復興に至る岡山市の中心市街地図(複製)を年代別に展示する「古地図でたどる城下町おかやま」を開催します。
 当館が所蔵する“まちの履歴書”ともいうべき貴重な古地図をデジタル化によりよみがえらせました。
 郷土岡山のまちづくりの変遷に、思いを馳せてみてはいかがでしょうか。  

概要  明治22年市制施行時の水路が張り巡らされた城下町を記録した市街図をはじめ、都市計画法の適用を受け「グレイト岡山」を目指した戦前期の都市計画図、昭和9年の室戸台風被災直前の岡山市街の商工地図など、コレラ、水害、戦災等を乗り越えて発展と復興を遂げてきた城下町おかやまの移り変わりの様子を関連書籍と併せて紹介します。  



展示期間

2018年3月20日(火)〜5月20日(日)

展示場所

県立図書館 2階閲覧室 エレベーター前 (郷土資料部門)

展示内容

『複製パネル』画像 『複製パネル』画像 『複製パネル』画像
「岡山県市之図」
(1889年頃)
「岡山都市計画街路網新地図」
(1927年)
米軍地図
(1946年)
『古地図でたどる城下町おかやま』画像
『古地図でたどる城下町おかやま』画像 『古地図でたどる城下町おかやま』画像
『古地図でたどる城下町おかやま』画像 『古地図でたどる城下町おかやま』画像
『古地図でたどる城下町おかやま』画像 『古地図でたどる城下町おかやま』画像 『古地図でたどる城下町おかやま』画像
 

→  資料展示一覧へ

→ 常設展示マップへ


→ 過去の展示も見る


(お問い合わせ)   岡山県立図書館 サービス第二課 郷土資料班
 TEL 086-224-1286 FAX 086-224-1208