トップページ > 資料展示 > 人文科学資料部門、社会科学資料部門、自然科学・産業資料部門

企画展示 「明治の文化〜コトバ、暮らし、ものづくり〜」

 平成30年(2018年)は、明治元年(1868年)から起算して、満150年です。
 岡山県立図書館では、明治150年に当たる節目の年に、改めて明治期を振り返っていただくため、明治期の言葉、暮らし、ものづくりに関連したパネルや関連図書の展示を開催します。  

展示期間

2018年1月23日(火)〜3月18日(日)

展示

岡山県立図書館 1階 閲覧室入口

展示内容

展示画像『明治の文化〜コトバ、暮らし、ものづくり〜』


(1) 『明治のコトバ』(人文科学資料部門)
 明治になり、生活や服装、身分だけでなく、ものの考え方や生き方なども大きく変化しており、『コトバ』もその1つです。そこで、『コトバ』についてのパネルを展示します。
・『明治のことば』(齋藤毅/著 講談社 2005)
・『明治大正の新語・流行語』
 (槌田満文/著 角川書店 1983)ほか
○明治のコトバ〜明治150年記念展示〜→ブックリスト


(2) 『明治の暮らし』(社会科学資料部門)
 明治維新により世の中が大きく変化しました。その中でも、暮らしの変化は、当時の人たちにとって大きなものであったと思われます。このような時代に暮らした人々が着ていた服、食事、流行の遊びなど、暮らしに密着した内容に関する写真やパネルの展示を行います。
・『明治がらくた博覧会』(林 丈二/著 晶文社 2000)
・『明治・大正庶民生活史』(日本図書センター 2014)ほか
○明治の暮らし〜明治150年記念展示〜→ブックリスト


(3) 『明治のものづくり』(自然科学・産業資料部門)
 明治期には、日本の産業革命が起こり、「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」は、ユネスコの世界遺産リストにも登録されています。今回は、これらと併せて富岡製糸場と絹産業遺産群についても取り上げ、日本のものづくりの原点についてパネルの展示を行います。
・『明治日本の産業革命遺産』
 (柳澤伊佐男/著 ワニブックス 2015)
・『産業遺産JAPAN』(前畑洋平/著 創元社 2016)ほか
○明治のものづくり →ブックリスト


展示画像『明治の文化〜コトバ、暮らし、ものづくり〜』
展示画像明治の文化〜コトバ、暮らし、ものづくり〜 展示画像明治の文化〜コトバ、暮らし、ものづくり〜

→ 資料展示一覧へ

→ 常設展示マップへ



(お問い合わせ)   岡山県立図書館 サービス第一課 人文科学班
                        サービス第二課 社会科学班
                                   自然科学班
 TEL 086-224-1286 FAX 086-224-1208