岡山県立図書館
トップページ > イベント案内 > 県立図書館とことん活用講座 > 令和元年度(第4回)開催報告

とことん活用講座「アンデスの古代遺跡とそこに暮らす人々」開催のご報告

開催日時

令和元年10月5日(土) 
14:00~16:00

会場

岡山県立図書館 
2階 多目的ホール

参加者

102名

講師

関 雄二氏(国立民族博物館副館長)

内容

 講義では、神殿などの遺跡発掘調査における発掘方法や、出土品の保存および現地の方々との関係についてお話しいただきました。 発掘調査により、金が出土すると現地では大騒ぎになり、出土品をどのように保存していくかが課題となるということでした。 この場合、現地に暮らす人々と、ペルー国家と調査団で最善の方法を見つけ出す作業に入るということです。 国が博物館を建築し、地域住民による保存や出土品の展示運営がされている例の紹介がありました。 また、盗掘も大変多く、盗掘後の様子なども紹介されました。
 講義の後、県立図書館所蔵のアンデスに関する資料の紹介と図書館の利用方法を紹介しました。


講座の様子
(お問い合わせ) 
岡山県立図書館 サービス第二課 社会科学班
TEL 086-224-1286  
FAX 086-224-1208