岡山県立図書館
トップページ > イベント案内 > 県立図書館とことん活用講座 > 平成30年度(特別編)

とことん活用講座(特別編)
「鉄道遺産が語る岡山の近代史」

とことん活用講座(特別編)「鉄道遺産が語る岡山の近代史」ポスター

 平成30年(2018年)は、明治元年(1868年)から起算して満150年に当たります。
 内田百閒が自慢した「曲がった鉄橋」に秘められた鉄道忌避伝承の真実。地形図が語る鉄道敷設の真相。鉄道境界杭が伝えるコース選定。イギリス製橋桁に残された磯野計の足跡。鉄道煉瓦に刻まれた産業革命。 コンクリートの先進性を信じた技師の眼力。トンネルが語り継ぐ陰陽連絡鉄道の夢。
 今回の講座は明治150年を記念し、岡山県の近代史や鉄道に生きた人々の歴史を、鉄道遺産から検証します。


講師

小西 伸彦 (こにし のぶひこ)
産業考古学会理事
著書に『鉄道遺産を歩く』『みまさか鉄道ものがたり』(吉備人出版)など

日時

平成30年10月20日(土) 
14:00~16:00
( 開場13:30 )

会場

岡山県立図書館 2階 多目的ホール

対象

一般

定員

120名(申込先着順。定員になり次第、締め切ります。)

参加費

無料

申込方法

参加申請フォーム よりお申込みください。
ご来館・お電話・FAXでもお申込みいただけます。
※FAXでお申込みの場合は、題名を「鉄道遺産が語る岡山の近代史 参加希望」として、氏名・電話番号 を明記の上、次の宛先までお送りください。


(お申込み・お問い合わせ) 
岡山県立図書館 サービス第二課 自然科学班
TEL 086-224-1286  
FAX 086-224-1208