岡山県立図書館
トップページ > イベント案内 > 県立図書館とことん活用講座 > 平成30年度(特別編)開催報告

とことん活用講座特別編「鉄道が語る岡山の近代史」開催のご報告

開催日時

平成30年10月20日(土) 14:00~16:00

会場

岡山県立図書館 2階 多目的ホール

参加者

67名

講師

小西 伸彦弘氏 (産業考古学会理事)

内容

 講座では、鉄道の近代化の中で県内各地に残された数々の鉄道遺産を検証しながら、岡山の近代史や鉄道に生きた人々の歴史を、写真や図版を使いわかりやすくお話いただきました。
 鉄道が通ると鶏が卵を産まなくなるなどのうわさや、路線予定地の地価が高騰したためルートが変更になった鉄道忌避伝承、踏切に名を残す幻の私設鉄道の話、駅のホームに残る近代のレールなど、さまざまな痕跡を文献調査や現地調査によって探究し、解き明かされた知られざる秘話はそれぞれに興味深く、鉄道を通して岡山の歴史について理解を深めることができました。 参加者からも、とても面白くもっと聞きたいとご好評をいただくことができました。
 講座後、小西先生が撮影した鉄道遺産の写真や当館所蔵資料などを展示した交通文化資料コーナーもご案内しました。


報告
(お問い合わせ) 
岡山県立図書館 サービス第二課 自然科学班
TEL 086-224-1286  
FAX 086-224-1208