岡山県立図書館
トップページ > イベント案内 > 放送大学・県立図書館連携講座

放送大学・県立図書館連携講座

放送大学岡山学習センター客員教員による、専門分野に関する連続講座を開催しています。

平成30年度

今年度は全4回の講座を予定しています。
参加のお申し込みは開催日の1ヶ月前から受け付けます。

開催日 標題/講師 内容 備考
第1回
7/7
(土)
言葉と告白と
~コミュニケーションのもどかしさを考えてみる~

岡田 和也 氏
言葉は心にあることを伝えるものと言えるかも知れません。
「伝達」が少し苦手でしたが、自分で詩を書くようになってから、言葉との別の関わり合い方もあると考えるようになりました。
告白という、ある意味、言葉の頂点のあり方をヒントにして、創作の過程の様子も紹介しながら、文学のお話をしてみたいと思います。
内容

開催
中止
第2回
10/13
(土)
自伝的記憶
-懐かしい思い出の心理学-

堀内 孝 氏
自伝的記憶とは個人が経験した出来事の記憶の総体です。
自伝的記憶は個人のアイデンティティの基盤であるだけでなく、対人関係の調整や将来の計画設計にも重要な役割を果たしています。本講座では自伝的記憶についてわかりやすく解説します。
終了
第3回
12/1
(土)
フランス舞踏日記

古関 すま子 氏
なぜフランスというデカルトの国が、禪・合気道・舞踏を本国以上の熱意で受け入れたか?30年の在仏活動を踏まえ、日本の心身技法や〔カラダごと〕の思想を考えます。 受付中
第4回
H31.2/9
(土)
草を食べる動物の秘密
-なぜウサギは○○を食べる?-

坂口 英 氏
草は、私たちが食べる米や肉、魚のように栄養価が高く消化が容易な食べ物ではありません。そこで地球上の草食動物は草を栄養源として生きるための仕組みを備えています。特にウサギなど草食小動物が備える仕組みには驚かされます。 受付前
第1回
(延期)
3/16
(土)
詩の告白
~コミュニケーションのもどかしさを考えてみる~

岡田 和也 氏
伝達することが、言葉の働きと言えるでしょう。
「伝達」が少し苦手でしたが、自分で詩を書くようになってから、「伝えること」をとりまく言葉との別の関わり合い方もあるのだと考えるようになりました。
詩が内包している要素を、創作の過程の様子も紹介しながらお話したいと思います。
受付前

(お申込み・お問い合わせ) 
岡山県立図書館
〒700-0823 岡山市北区丸の内2-6-30
TEL 086-224-1286  
FAX 086-224-1208
(お問い合わせ) 
放送大学岡山学習センター
TEL 086-254-9240
このページの先頭へ | 1つ上のページにもどる | トップにもどる