岡山県立図書館
トップページ > イベント案内 > ビジネスプラン作成講座(受賞報告)

「高校生ビジネスプラン・グランプリ」受賞報告
セミファイナリスト賞・ベスト100
高校生ビジネスプラン作成講座 参加2校が入賞!

 当館では、日本政策金融公庫と連携し、次世代を担う若者が「自ら考え、行動する力」を養うことのできる起業教育の推進を行っています。 本年度は、第6回「創造力、無限大∞高校生ビジネスプラン・グランプリ」(主催:日本政策金融公庫)にあわせ、高校生向けビジネスプラン作成講座を開催しました。(→講座の詳細はこちら
 このたび、本講座に参加された金光学園高校の渡辺陽さん、長田紘毅さん、吉田匠一郎さん、興譲館高校の髙田友美さんが所属するチームの作成したビジネスプランが、全国4,359 件のエントリーの中から見事「セミファイナリスト賞(ベスト20)」、「ベスト100」入りを果たされました。 おめでとうございます!

セミファイナリスト賞(ベスト20)
「the Fukuyama Castle Hotel Economy」

金光学園高校 人文学ゼミ(渡辺陽、長田紘毅、吉田匠一郎さん他2名)
興譲館高校 髙田友美さん(第5回高校生ビジネスプラン・グランプリ ファイナリスト)

ベスト100
「地元に活力を生み出す持続可能な地域学」

金光学園高校 人文学ゼミ(渡辺陽、長田紘毅、吉田匠一郎さん他7名)


 高校生ビジネスプラン作成講座を受講された4名を代表して、渡辺陽さんに受賞プランの概要と講座に参加された感想についてうかがいました。

(1)チームの作成されたビジネスプランの概要を教えてください。

「the Fukuyama Castle Hotel Economy」
 サムライ文化に興味のある訪日外国人観光客を主な対象にした福山城という日本のお城に宿泊できる観光プランです。 福山城が新幹線駅から日本一近いお城という利点も活かして、城内の戦後再建された施設に宿泊することを考えました。 「宿泊できるお城」として世界中にPRし、地域経済も活性化させようという内容です。

「地元に活力を生み出す持続可能な地域学」
 地域の魅力や課題を探究する地域学を実施するにも資金がかかるので、学んだ結果を「地元の魅力を伝える旅行プラン」に商品化し、売上から地域学実施の費用を得ようというものです。 学習結果を実際の経済活動に組み込めるレベルに昇華し、地元をはじめ国内外の観光客を呼び込んで地域経済活性化を計るプランを考えました。

(2)高校生ビジネスプラン作成講座を受講しようと思ったきっかけは何ですか?

 最初は高校の探究授業の担任の先生に県立図書館で講座が開催されることを教えてもらいました。 そしてその講座では創業のプロから直接お話を聞いて学ぶことができるので、ビジネスプランの勉強だけではなく、他の何かを始めるときにも応用できるのではないかと思いました。 聞き逃すわけにはいかないと感じてすぐに申し込みました。

(3)今回のビジネスプランを考えたきっかけは何ですか?

「the Fukuyama Castle Hotel Economy」
 私自身は福山に住んでおり、福山城は小さいころから親しみもあり身近な存在でした。 また、メンバーと一緒に岡山県内を巡り、岡山のサムライ文化、井原デニム着物、禅、古民家ホテルなどに触れ、これらの魅力を世界中の人に知ってもらいたいと思いました。 そこからお城での宿泊と日本文化体験を着想しました。

「地元に活力を生み出す持続可能な地域学」
 地方は人口減少、活力の衰退などの課題を抱えており、期待する訪日外国人観光客による観光需要も恩恵は大都市に集中しています。 これを何とかしたいと思い、地域の魅力を観光プランに仕上げて国内外の多くの人に岡山の魅力を知ってもらい、地元に好循環スパイラルを生み出したいと考えました。

(4)ビジネスプラン作成時、一番苦労した、あるいは力を入れたポイントはどこですか?

 机上の作業だけでなくメンバーが手分けをしてフィールドワークも行いました。 例えば実際に福山城や矢掛本陣を見学し職員の方からお話を伺ったり、先行事例調査のために県外のお城の形をした宿泊施設を現地まで行って調べたりしました。

(5)ビジネスプランを作成する際に役だった図書館資料・サービスはありましたか?

 直接ビジネスプランに結びついたものはなかったですが、図書館のバックヤード(書庫やラベル張り作業をする部屋)を見学させていただいてとてもワクワクしました。

(6)今回の講座を受講し、ビジネスプランを作成した感想を教えてください。

 「8/4ビジネスプラン作成編」ではビジネスプランを作ろうというテーマで、その場でとりあえずプランを考えてみるという作業をしました。 その体験のおかげで「こんなふうに作ればいいのかな」とビジネスプラン作成のハードルが低くなったように感じられました。


受賞された皆さん

フィールドワークの様子
(お問い合わせ) 
岡山県立図書館 サービス二課 社会科学班
〒700-0823 岡山市北区丸の内2-6-30
TEL 086-224-1286  
FAX 086-224-1208