蔵書検索
 
トップページ > イベント案内  > 県立図書館とことん活用講座 > 平成29年度第5回開催報告

第5回とことん活用講座「奈義町でのエンディングノートの取り組み~家庭医からのメッセージ~」開催のご報告

開催日時

平成29年11月25日(土) 10:00~12:00

会場

岡山県立図書館 2階 多目的ホール

講師

松下 明 氏 (奈義ファミリークリニック所長)

参加者

50名

内容

 今回のとことん活用講座では、奈義ファミリークリニック所長の松下明先生を講師にお迎えして、 「奈義町でのエンディングノートの取り組み~家庭医からのメッセージ~」と題した講演をしていただきました。
 始めに、日本における家庭医療の現状や重要性をお話された後、エンディングノートの必要性や、書き記すべき内容、 注意点について詳しく説明されました。エンディングノートとは、ただ本人の希望を書き記して保管しておけばよいというものではなく、 書くにあたって家族間でしっかり話し合うことが重要とのことでした。そのことが、家族が重要な決断を迫られた際の一助となり、 本人の意志を尊重することにもつながるそうです。人生の最期に関する話題は、縁起でもないと避けがちなことではありますが、 自身のためにも家族のためにも、元気なうちに話し合って、書き記しておいて欲しいとのことでした。 講演の終盤には、グリーフケア(身近な人の死によって悲嘆にくれている人へのケア)に関するお話もありました。 ともすれば重く暗くなりがちなテーマではありましたが、時に笑みがこぼれたり、温かい気持ちになるような話題が盛り込まれた講演でした。
 松下先生の講演終了後には当館職員がエンディングノートや在宅医療に関する本の紹介をさせていただきました。 講座終了後、早速関連本が並んでいる場所へ向かう方もおられ、関心の高さを感じました。


(お問い合わせ) 岡山県立図書館 サービス第一課 総合サービス班
  TEL 086-224-1286  FAX 086-224-1208