蔵書検索
 
トップページ > イベント案内 > ビジネスプラン作成講座(受賞報告)

「高校生ビジネスプラン・グランプリ」ビジネスプラン作成講座
参加者が入賞(ベスト100)

 当館では、日本政策金融公庫(日本公庫)と連携し、次世代を担う若者に対し「自ら考え、行動する力」を養うことのできる起業教育の推進を行っています。
 今夏、第5回「創造力、無限大∞高校生ビジネスプラン・グランプリ」(主催:日本公庫)の開催に合わせ、今年度で第2回目となる高校生向けのビジネスプラン作成講座を、当館と日本公庫の主催により開催しました。(→詳細はこちら
 このたび、受講生の小谷友香さん(岡山県立岡山御津高校2年)が作成・応募したビジネスプラン「未来へ、つなGO! ~いにしえから続く技術や伝統の継承~」が、全国3,247 件のエントリーの中から見事「ベスト100」入りを果たされました。 そこで、受講・応募のきっかけや作成したビジネスプランについて、小谷さんにインタビューを行いました。

(1)小谷さんが作成されたビジネスプランの概要を教えてください。

 後継者を必要とする職人、技術者や中小企業の経営者と、後継者となり今後の日本の未来を繋ぐ若者を引き合わせる、人材マッチングアプリの運営。

(2)高校生ビジネスプラン作成講座を受講しようと思ったきっかけは何ですか?

 県立図書館に本を読みに行ったとき、知り合いの先生に会い、良い経験になると勧めていただいたのがきっかけです。 また、私は元々周りの影響で経営に興味があり、今まで考えてきたものを組み合わせて、ビジネスプランを深く考えたいと思ったからです。

(3)今回のビジネスプランを考えたきっかけは何ですか?

 古くから守られてきた日本の伝統的な技術が、失われるのはとても悲しいことだと考え、職人や技術者の高齢化が進む今、技術の継承を支援する場が必要だと感じたからです。 後継者不足などが原因で、黒字であるのに廃業している企業があるという話を耳にしたので、とても残念で惜しいことだと思ったからです。

(4)ビジネスプランを作成する際、一番苦労した、あるいは力を入れたポイントはどこですか?

 同じようなサービスを提供しているものがないので、また私自身も全くと言ってよいほど無知なので、一から考えて想定しながらプランを立てるときは難しかったです。 特に経費を計算するときに、一つ間違えてしまうと計算が合わなくなるので、そこは力を入れたポイントだと思います。

(5)ビジネスプランを作成する際に役だった図書館資料・サービスはありましたか?

 講座中に図書館のパソコンを通し、資料を調べてくださり、ありがとうございました。

(6)今回の講座を受講し、ビジネスプランを作成した感想を教えてください。

 偶然勧められて申し込んだのですが、講座を通して、自分のやりたいことが見えてきて、プランを考えているときも様々なことが学べ、よい機会となりました。 講座では、一人ひとりに分かりやすく説明してくださったり、意見を言う機会があったりして、とても楽しかったです。次回もぜひ参加したいと思います。



(お問い合わせ)岡山県立図書館 サービス第二課 社会科学班
〒700-0823 岡山市北区丸の内2-6-30
 TEL 086-224-1286    FAX 086-224-1208