蔵書検索
 
トップページ > イベント案内 > 県立図書館とことん活用講座 > 平成28年度 (第1回)開催報告

第1回とことん活用講座
 「多様な教育ニーズに応えるために」開催のご報告

開催日時

平成28年6月11日(土) 14:00~16:00

会場

岡山県立図書館2階 デジタル情報シアター

講師

渡邉 誠二 氏(おかやま希望学園長)

参加者

27名

内容

 おかやま希望学園は吉備中央町にあり、自然豊かな環境にあります。不登校という問題を抱える子どもたちと接する渡邉氏は「母と子の詩集」に収められているペーター・ロゼッカーの詩を引用し、子どもはかけがえのない一冊の本であるとし、学校現場での子どもたちとの関わりを紹介されました。紹介された内容は日常生活の何気ないことでしたが、教師と子どもとの温かいふれあいの様子が目に浮かぶような内容でした。また、不登校についての要因や背景を説明され、具体的な数字を示されました。ちなみに2014年度の県内の小中学校における長期欠席者数は小学校で1,396名、中学校2,418名で、人間関係が不登校の理由として多いことが生徒への聞き取り調査で分かっているということでした。おかやま希望学園では、このような不登校児や生徒を受け入れています。入学するにあたって、希望者へは学園での一泊体験、一週間体験を行い、適応できるかどうか様子を見て受け入をしています。また、学園では基本的な生活習慣、社会的生活習慣、学習習慣を身に付けさせるプログラムを実行するとともに、保護者との連絡を密に行い、子どもが将来に向けて次のステップへ羽ばたけるように向き合っており、不登校の子どもたちへ、どう対応すべきなのか参考になる内容でした。
 講座に参加された方は、不登校児を抱えるご夫婦、スクールカウンセラーをしている方、学生で不登校について勉強している方など様々でした。参加された方から、渡邉氏がおかやま希望学園以外の学校に勤務していた時と今とで不登校に対する対応がどうであるかや、園に入学する際の費用についてなど、質問も活発におこなわれました。



(お申込み・お問い合わせ) 岡山県立図書館 サービス第二課 社会科学班
  TEL 086-224-1286  FAX 086-224-1208