トップページ > イベント案内 > 放送大学・県立図書館連携講座 > 平成23年度第3回

第3回 放送大学・県立図書館連携講座
 「老年期の病いとケア」

日時・会場・講師・参加者数

日時・会場

    平成23年9月3日(土) 13:30〜15:00
    岡山県立図書館2階 デジタル情報シアター

講師

西田真寿美氏
(放送大学岡山学習センター客員教授)

参加者数

15名

講座の内容

今回の講座では「老いを支えるケア」と題して(予定よりタイトル変更)放送大学岡山学習センターの西田真寿美先生にお話ししていただきました。
 パルモアのチェックリストと呼ばれる「高齢者とはこんなものだ」という思い込みをチェックするリストを参加者も実際に記入してみるという実践を通じて偏見、エイジズムといったものの存在に触れられた後、本題の高齢者の方の病気の特徴についてお話をされました。
 人間は高齢になってくると身体に様々な「脆弱化」が起こり、それに伴って高齢者の病気にも表面に現れにくい、個人差が大きい、治りが遅くなるなど様々な特徴が現れます。また一口に老年症候群と言っても高齢者全体に多く見られる症状、加齢にともなって徐々に増える症状、75歳以上になると急増する症状など様々です。そうした老年期に現れやすい症状を防ぐために今回の講演では転倒・骨折のリスク、脱水の予防、低栄養のリスクを中心にお話ししていただきました。
 お話の最後にはせっかく75歳以上まで生きてきたのだから、その後は自由に好きなことを好きなようにできるよう、そのためにも健康でいることが大事だと実りある第三の人生のためのアドバイスもしていだきました。
 今回は台風による悪天候のため予約していた方のごく一部しか来場できず、結果的に参加人数は少なくなりましたが、講演終了後の参加者からの質問も含め、充実した講座となりました。元々予約をした人の人数の多さからも、多くの人の興味関心を喚起するテーマであったことが伺えます。今後も放送大学と連携しながら魅力的なテーマを設定し,多くの利用者に参加してもらえるようにしていきたいと思います。



「老年期の病いとケア」関連図書リストはこちら