第6回 県立図書館とことん活用講座

本を書いてみませんか? 『著者』になる前に知っておきたい58のポイント


講師:山川隆之氏 (株)吉備人出版代表
日時:平成21年2月15日 14:00〜16:00
場所:岡山県立図書館 2階 サークル活動室 (参加者 38名)
 予想を上回る多くの方からのお申し込みがありました。しかも熱心な参加者ばかり。折しも2月にしては暑いほどの陽気に恵まれたこの日、会場内の空気は一層熱く感じられました。以下、今回の講座内容を簡単に報告いたします。

○原稿内容について
 作家のあさのあつこさんや石田衣良さんの創作方法を例にとりながら、文章力を磨く方法や読みやすい文章に仕上げるコツを教えていただきました。 また、表現上の問題や著作権などの留意事項についても、具体的な話をいただきました。
○地方で出版すること
 国内には、地域をテーマにした本を出している出版社のない地域もあるそうです。出版が地域文化の活性化にいかに大きな貢献をしているかという話を聞いた時には、参加者も一層元気が出たのではないでしょうか?

門外不出?の分厚い資料

 今回は、企画書や刊行計画書、台割表など、普段は著者と編集者しか目にしないような資料(実物)をたくさん提供してくださいました。この資料をもらうことができたということだけでも、今回の参加者は幸運かもしれません。

○質疑応答
「本に書く内容と、現在インターネットで発信している内容とがダブってしまうことによるマイナスは?」「編集者と意志疎通をスムーズに行うコツは?」といった、実際に出版に踏み出そうとされておられる方からの具体的な質問もありました。講師からも、親身に回答していただきました。

 

 参加者にお願いしたアンケートによると、約半数の方が「本を書いてみたい」と回答されています。参加者の意識の高さには脱帽です。 もし、今後本当に本を書かれることがありましたら、是非県立図書館にも御連絡いただき、蔵書として後世まで保存していただけたらありがたいと思います。


トップページへ   参考資料部門のページへ   過去のイベント案内のページへ